理研の中間報告をめぐって混乱した議論が散見されるので、細かいことだが補足しておく。Nature論文が撤回されることは確実だが、事件の本質はそこにはない。重要なのは、次の問題だ。
  1. STAP細胞が本当にできたのか
  2. 過失によって他の細胞と混同したのか
  3. それとも意図的にデータを捏造したのか
1については、理研が「プロトコルの著者(小保方氏を含む)も再現できなかった」と認めたことで、ほぼNOと考えていい。理研の中の人もいうように、これは単なるES細胞からできた多能性細胞と考えるのが無理のない推論だ。この「内部告発」について記者会見でスラッシュドットが質問したのに対して、理研は答えられなかった。

2が理研の説明だが、いろいろ辻褄があわない。特におかしいのは、まとめサイトも指摘している図2eである。これはNatureでは、T細胞を弱酸性の液につけてできたSTAP細胞による多能性細胞(Oct4陽性)だと説明しているが、コピー元の博士論文では骨髄の細胞をピペットに通してできた多能性細胞(sphere細胞)と説明されている。

理研はこれを「データの取り違え」と説明したが、この写真は元データではなく、博士論文をスキャンして取り込んだ画像である。次のようにコピペされた画像を取り出して見ると、博論で上にあった写真の下部が写り込んでいる。これについて質問されると、理研は「それは承知していない」。まとめサイトに書かれていることも知らないのでは、話にならない。



こういう手の込んだ取り違えをすることはありえないので、データの改竄が行なわれたことは明らかだ。問題はその理由だが、考えられるのは(a)本当にできたが写真がわかりにくいので昔のわかりやすい写真に差し替えた、(b)思うようにできなかったので、できたときの写真に差し替えた、のどちらかだろう。いずれにしても、STAP細胞の存在する科学的な証拠はない。

もっとも自然な説明は3である。若山氏が一度だけ再現できたときも、小保方氏が同席していた。これは(STAP細胞になるはずの)サンプルを培養しているとき、小保方氏がES細胞にすり替えたと考えれば説明できる。彼女がまだ否認しているのか、それとも理研が隠しているのかは不明だが、3以外の確率は限りなく低い。

火曜の夜の言論アリーナでは、こういう細かい話も含めて、この問題を取材しているジャーナリストの緑慎也氏に話を聞く。