文明と戦争 (上)
ホッブズは自然状態を「万人の万人に対する戦い」と考えたが、ルソーは原始時代には平等で平和に暮らしていた人間が私有財産や国家によって戦争を始めたと考えた。マルクスからレヴィ=ストロースに至る社会科学の主流はルソー的な人間観にもとづいているが、本書はこれを否定し、人類は200万年前から戦いを続けてきたという。

最近の考古学的なデータによると、世界のどこでも旧石器時代の死者の15%(男性の25%)前後が殺人によって死亡している。これは人類の顕著な特徴で、食糧や雌をめぐる争いはどの動物にもあるが、このように激しい戦いはみられない。しかし戦争を人間の「暴力本能」の結果と考えるのは妥当ではない。それは人間が道具を使うようになったことによる合理的行動なのだ。
動物の武器は身体そのものなので、攻撃する側とされる側はほぼ対等だが、人間が石で相手をなぐる場合には、先制攻撃する側が優位に立つ。特に相手が武器をもっていない場合には、武器をもつ側が確実に勝てる非対称性があるので、攻撃される側も武器をもたないと生命が維持できない。殺さないと殺されるので、人類の歴史の99%以上を占める狩猟採集社会では、戦争が日常的に繰り返されてきた。

多くの人々が定住して農耕を行なうようになると、こうした戦争機械の暴力を抑制するとともに他の集落の攻撃から自衛するために、特定の階級が武力を独占する必要が生じた。だから国家が戦争を生んだのではなく戦争が国家を生んだのであり、国家はTillyもいうように暴力装置を独占する組織暴力なのだ。

戦争は一定の地域で暴力の独占が成立するまで続き、その結果が国家の形態を決めた。中国などの帝国では広い平原で農業を行なうため、広域を支配する専制君主が暴力を独占したが、地形の複雑なヨーロッパでは広域的な帝国が成立せず、領邦や都市国家の戦争がながく続いた。その過程で16世紀ごろから軍事革命が起こり、武器の主流が銃や大砲などの火器に移った。

これが戦争の性格を大きく変え、戦士の技能や勇敢さよりも経済力が勝敗を決めるようになった。なぜ先進国だった中国ではなく、ヨーロッパで産業革命が起こったのかという歴史上の大問題の答を、著者はこの点に求める。皇帝が武力を独占して平和だった中国とは違い、つねに競争にさらされているヨーロッパでは、軍事力=経済力を維持することが文字どおり死活的に重要だから、資本蓄積のインセンティブが強かったのだ。

ヨーロッパの戦争はアジアにも拡大し、植民地から奪った富を資本として蓄積することで産業革命が可能になった。つまり資本主義を生んだのは植民地戦争で海外から収奪した資本の蓄積であり、近代社会は最初から国家資本主義だったのである。これはアリギなどのウォーラーステイン学派も主張するところだ。

資本主義は、戦争の性格を大きく変えた。農耕社会では戦争は領土を争うゼロサム・ゲームだったが、産業社会では貿易によって双方とも利益を得ることができる。特に西洋諸国が植民地分割を終了した20世紀には、彼らは戦争に代わって貿易によって世界を支配する戦略をとった。2度の世界大戦は、その秩序に挑戦する専制国家との間で行なわれたが、経済力でまさる民主国家が勝利した。

20世紀には史上最大規模の戦争が2度も起こったが、それでも戦争による死亡率はかつての狩猟社会よりはるかに低い。特に核兵器は、近代で最長の平和な時代をもたらした。それは核兵器が、相互確証破壊によって戦争の最大の原因である非対称性をなくしたからだ。反核団体の思い込みとは逆に、核兵器は人類の歴史上かつてない平和な時代をもたらしたのである。

戦争を中心にして歴史を描くのは最近の歴史学の流行のようだが、本書はその集大成ともいうべき大著である。800ページ以上もあるが、NorthーWallis-Weingastほど専門的ではなく、概説書として読める。左翼的な平和主義の幻想を断ち切るためにも、ぜひどこかの版元で翻訳してほしい。

追記:訳本が出た。これは平和ボケした日本人の必読書。