過剰と破壊の経済学 「ムーアの法則」で何が変わるのか? (アスキー新書 042)
本書は2007年にアスキー新書で出した『過剰と破壊の経済学』の内容を2012年にアップデートした電子書籍(PDF)である。きょうのアゴラ経済塾のテキストに使うが、基本的な考え方は今でも通用すると思うので、ちょっと紹介しておく。

はじめに

現代では、だれもコンピュータなしで暮らすことはできない――というと、「私はコンピュータなんかさわったこともない」という人もいるだろう。しかし日本の携帯電話の契約数は 1 億台を突破し、ほぼ1人に1台がもっている。その中には通信などの機能をつかさどるシステム LSI (大規模集積回路)が入っており、これは数センチ角の小さな半導体だが、 CPU (中央演算装置)やメモリをそなえた、立派なコンピュータである。

この携帯電話用 LSI に集積されているトランジスタの数は、最新機種では 8800 万個にのぼる。これは、 1955 年に IBM がトランジスタを使って最初に開発した大型コンピュータに使われたトランジスタ数、 2200 個の 4 万倍である。かつてはコンピュータ・センターを占拠していた巨大なコンピュータの 4 万倍の機能が、あなたの持つ携帯電話に入っているわけだ。

このように、ここ半世紀ほどの間にコンピュータ産業で起きた変化は、だれにも予想できない急速なものだった。かつて IBM の創立者トーマス・ワトソンは「コンピュータの世界市場は 5 台ぐらいだろう」と予想したが、いま世界にあるコンピュータの数は 5 億台を超えている。携帯電話や家電などに埋め込まれたマイクロチップを含めれば、数百億個のコンピュータが世界中にある。

この変化は、 1990 年代から特に加速したようにみえる。その原因はインタ ーネットの普及である。インターネットそのものは 1970 年代からあったが、主として大学や研究所のミニコンピュータで使われていた。それが 80 年代から始まったパソコンの普及とあいまって一般家庭でも使われるようになり、 1990 年代から急速な広がりを見せ始めたのである。少なくとも先進国では、すべての人がコンピュータとネットワークでつながる時代が、現実になろうとしている。この尋常ではない変化のスピードの原因は何だろうか?

続きはアゴラサロンで(初月無料)。