「近代の超克」と京都学派 近代性・帝国・普遍性首相のいう「平成の開国」を本当に実行するには、明治維新以来の近代化を見直す必要がある。そういう思想的な試みは、何度も繰り返されてきた。「近代の超克」をめぐる座談会はその一つだが、こうした「日本主義」は結果的には「大東亜共栄圏」のような夜郎自大になって戦争に利用された。

ただ本書も示すように、よくも悪くもこの座談会の問題意識は、非西欧圏の「オリエンタリズム」に対する両義的な態度を典型的に示している。東北大学で教えたカール・レーヴィットは「日本の学生は2階建ての家に住んでいる。1階では日本人らしく考え、2階ではプラトンからハイデガーに至るまでの西洋の学識を学んでいる。彼らは1階と2階をどうやって自在に行き来できるのだろうか」と言ったそうだが、これは現代の日本人にも当てはまる。

コミュニタリアン的にいえば、日本人は日本の価値基準で行動すればいいのだから、欧米の個人主義に迎合する必要はないということになるが、問題はその「日本的価値」がもう自明ではなくなっていることだ。サンデルも指摘するように、思想の価値はその経済的メリットで評価すべきではないが、どういう思想が生き残るかはその経済的帰結で決まる。日本型コーポラティズムが一時期、「人本主義」などと賞賛されたのも、日本企業の業績がよかったからにすぎない。

日本経済の行き詰まりが示しているのは、官民や企業の長期的関係に依存する「1階」部分の調整メカニズムがもう崩れているということだ。日本人が組織に依存して生きているという神話も、昨今の選挙で「無党派層」が圧倒的な影響力をもつようになったのを見ると疑わしい。好むと好まざるとにかかわらず、日本社会は流動化しており、この流れは不可逆である。それを「無縁社会」とか「孤族」などというノスタルジアで語るのは、NHKや朝日新聞の老人だけだろう。

むしろ本書も指摘するように、デジタル技術は西欧近代をも超えて「個人」をさらに解体しているのかもしれない。ケータイで膨大な情報や体験を共有する若者は、仮想的に一つの身体で行動している。ケータイは彼らにとって、義手や義足のように身体の一部になっている。近代的自我を定義する身体の自己同一性は、もはや自明ではない。脳科学も明らかにしたように、もともと<私>は1000億のニューロンを同期させるための幻想にすぎない。

近代的自我の起源をこのような身体性にもとづく所有権に求めたのはヘーゲルだが、市民的な身体性が失われると所有権の自明性も失われる。それが今まさにインターネットで起こっている変化である。東洋が今後の100年で西洋をleapfrogできる可能性があるとすれば、「知的財産権」を否定して個人という幻想をウェブに溶解させることかもしれない。本書の問題意識は古色蒼然としているが、近代を相対化するヒントにはなろう。