きのうのBLOGOSシンポジウムで田原総一朗さんもいっていたが、日本のメディアをめぐる状況で驚くべきなのは旧メディアが没落することではなく、それが意外に没落しないことだ。



私がNHKに入った1970年代にも「ニュースはテレビで見る時代だ。新聞は終わる」といわれていたが、そうはならなかった。80年代に衛星やケーブルが出てきたときは「地上波は終わりだ」といわれたが、そうならなかった。90年代にインターネットが出てきたときも「テレビは終わりだ」といわれたが、いまだに日本人のテレビ視聴時間は1日3時間30分で、10年以上ほとんど変わらない。

これは新聞の場合には、宅配と再販制度によって固定客をつかまえていることが大きい。ウェブ版にも全文は出さず、1ヶ月ぐらいで記事を削除するなど、各社が談合して紙の新聞に劣る媒体にしている。テレビの場合には、行政に圧力をかけてIP配信を規制させ、オンデマンド配信業者を訴訟でつぶすなど、著作権を理由にしてコンテンツ流通を制限してきたため、ネット配信ビジネスはほとんど育っていない。

このように延命するのはいいことのように見えるが、長い目で見るとどうかはわからない。欧米では新聞社の経営破綻が相次ぎ、多くのジャーナリストが失業し、Huffington PostやGawkerなどのウェブメディアの契約記者になり、ブログなどで生活を立てている。彼らの死に物狂いの試行錯誤の中から次世代のメディアが出てくるかもしれないが、日本ではジャーナリストは会社ごと沈んでゆくだけだ。あと5年ぐらいたったら、この差は決定的になるだろう。

これからのメディアは、従来型のインフラとコンテンツを垂直統合した大企業ではなく、クラウド的なインフラで情報を発信する個人メディアになるだろう。そこでアクセスを集めるために重要なのはNHKや朝日新聞といった肩書きではなく、価値のある情報をもっているかどうかという個人ブランドだ。中間集団が崩壊し、個人がネットワークを介してつながる超近代社会にメディアも否応なく呑み込まれる。

そして企業の役割は、個人メディアが情報をマネタイズするためのツールを提供するインフラになるだろう。広告収入だけで営業を成り立たせるのは困難なので、メルマガや電子出版やイベントなどone source multi-useで稼ぐシステムを確立する必要がある。ライブドアがBLOGOSなどで試みているのは、その実験である。