アナーキー・国家・ユートピア―国家の正当性とその限界軍隊が暴力装置であり、国家の本質は暴力の独占だというのは、マキャベリ以来の政治学の常識である。それを「更迭に値する自衛隊否定」と騒ぐ産経新聞は、日本の右翼のお粗末な知的水準を露呈してしまった。

本書はサンデルの批判するリバタリアニズムの古典だが、国家の必要十分な定義は暴力の独占だと論じている。個人が集まって生活するとき、生命や財産を守るための自発的な組織としての保護組合(protective association)が必要になるが、複数の保護組合が衝突すると、暴力的な紛争が日常化する。それを防ぐために、一定の地域内で公権力が暴力を独占し、他の保護組合を武装解除するのが最小国家である。

ノージックは、国家に必要不可欠な機能は暴力装置としての軍事・警察・外交だけだとして、所得の再分配などを行なうロールズの福祉国家を否定した。これは国家論としてはオーソドックスなものだが、実際の国家がノージックのいうような手順で発生したわけではない。これについては「ロールズと同じく空想的な国家論だ」という批判があり、以後ノージックは一度も国家論を書いていない。

しかし個人の集まりから国家が生成する本書の論理は、アメリカ合衆国が生まれる過程をモデルにしたものと読むこともできる。個人が武器をもって争うことは非効率なので、自警団としての「邦」(State)ができるが、イギリスと戦争するためには邦が結束する必要があるため、主権国家としての連邦政府ができた。しかしその役割は戦争や外交と州際業務の調整に限定される最小国家であるべきだ、というのが合衆国憲法の精神である。オバマ政権を批判する「ティーパーティ」には、こうした建国の精神が残っている。

左翼に存在意義があるとすれば、こうした暴力装置としての国家の凶暴性を認識し、それを抑制する必要を理解していたことだ。しかしすべての暴力装置を否定すればアナーキズムになり、それに対して新たな暴力によって国家を転覆するレーニンの方法論は、歯止めのない暴力の独占をもたらした。

マルクス主義の限界は、暴力装置を誰がコントロールするのかという国家論が欠けていることだ。このため日弁連に典型的にみられるように、刑事事件で国家と闘うときは「権力=悪」という図式で議論するのに、過払い訴訟で消費者金融を壊滅させるときは、国家は財産を悪者から弱者に再分配する慈愛に満ちた福祉国家になる。

このようなダブル・スタンダードは、官僚機構を批判しながら政府の「景気対策」を求めるメディアから、「派遣村」で政府を批判しながら厚労省に生活保護を求めるボランティアまで広く分布している。それは「平和憲法」が暴力装置としての国家の本質を曖昧にしてきたからだ。しかし尖閣諸島や普天間基地の問題は、このような脳天気なご都合主義が、そういつまでも続けられないことを示している。