けさからツイッターで話題になっているが、バーナンキは議会の質疑でこう答えたようだ:
So he said "there is not a high probability that deflation will become a concern." Contrasting the U.S. to Japan, he said the latter has lower productivity growth, a contracting labor force and bank problems. He maintained the U.S. banking system, on the other hand, is "strengthening."
ここで彼は日本がデフレに陥った原因を、次の三つだとしている:
  • 低い生産性上昇率
  • 労働人口の縮小
  • 銀行の不良債権
ところが、これに対して飯田泰之氏
ドマクロでも,基本ミクロでも,現代的なモデルでも負の生産性ショック(生産性の定常水準の低下)はインフレ要因なんですがねぇ・・・
という。どっちが正しいのだろうか。

いうまでもなくバーナンキである。岩本康志氏も解説するように、生産性上昇率が下がると潜在成長率が下がり、自然利子率が下がるからだ。ニューケインジアン理論では、

GDPギャップ=α(自然利子率-金利)+需要ショック

で決まり(αは定数)、物価上昇率はGDPギャップの増加関数である(飯田氏のような話は、どんな教科書にも出てこない)。日本の自然利子率はマイナスなので、ゼロ金利でも(需要ショックを別にすると)右辺はマイナスになり、GDPギャップもマイナスになってデフレが生じる。

国際マクロで考えると、Balassa-Samuelson効果によって生産性上昇率の低いサービス業でデフレ(厳密には相対価格の低下)が起こる。さらに国際金融市場でも実質金利の均等化が起きているので、生産性上昇率の低い日本では名目金利が低くなり、

物価上昇率=日本の名目金利-世界の平均実質金利

という式で、日本のデフレはかなり説明できる。つまりデフレの大きな原因は世界と日本の生産性上昇率の差なのだ。特に新興国との競争で製造業に賃金低下圧力がかかる一方、サービス業の生産性上昇率が低い(部門によってはマイナス)ために収益が上がらないことが大きな問題だ。バーナンキもいうように、生産性を高めないかぎり、日銀の力だけではデフレを脱却できないのである。

追記:コメント欄にも書いたが、バーナンキは正確には"Japanese economy's lower productivity, declining labor force, its potential growth rate is lower than the U. S...."と答えていて、潜在成長率が低いことを原因にあげている。