ustream

きょうiPadが発売された。それに合わせてアゴラブックスも営業開始する予定だったのだが、システムトラブルで来週の月曜に延期せざるをえなくなった。申し訳ありません。その代わりといってはなんだが、Ustreamで湯川鶴章さんと田代真人さん(アゴラブックス取締役)とやった鼎談の評判がよかったので、紹介しておこう(画像をクリックすると再生)。

2000年代は、コンテンツ産業の「失われた10年」だった。1999年に登場したNapsterに恐れをなした音楽産業が「著作権」をふりかざし、訴訟や警察によって消費者を脅かして既得権を守ろうとした。その後の大混乱によってもうかったのは弁護士だけで、訴訟によって音楽産業の衰退を止めることはできず、RIAAやJASRACは「利権団体」として批判を浴び、コンテンツ産業は萎縮してしまった。

今回、Google Editionに英米のほとんどの出版社や著者が参加し、200万アイテムが利用可能になったのは、彼らが音楽産業の失敗を見ていたからだと思われる。「権利」を振り回すよりも「報酬」をいかに確保するかが問題で、そのためには著作権保護をゆるやかにして、コンテンツを流通させたほうが得策だという教訓を得たのだろう。グーグルの和解案を拒否した日本は、この点でも大きく引き離されてしまった。

問題は権利を最大化することではなく、クリエイターが食っていけるしくみ作ることだ。ウェブ上の情報が無料に近づく傾向は避けることができないし、「知的財産権」でそれを止めることはできない。必要なのは、法律ではなくビジネスモデルやテクノロジーによって著者の報酬を確保するシステムであり、それが今後の10年ぐらいの大きなイノベーションになるのではないか。そのための制度設計も必要だろう。