昔、茨城県のタクシーで東京まで乗ってきたことがある。「霞ヶ関から首都高に乗って」といっても運転手がわからない。「外堀通りから・・・」といっても外堀通りを知らない。もちろんカーナビがなかった時代なので、都心からNHKにつくまで2時間以上かかった。このとき感じたのは、東京の道が皇居を中心に渦巻き状になっていて、全体を知らない運転手には方角がわからなくなるということだった。

これに対して、欧米の都市の街路は整然としている。これは都市が基本的に城だったからで、中世のままの城壁が残っていることもある。戦争に備えてゾーニングも徹底し、都市が機能的に設計されている。ここでは全体を鳥瞰する「神の目」で都市が建設されているのである。戦争では、全員が生き残ることは問題外なので、中枢や指揮系統を守るために周辺部を犠牲にする設計になっている。日本でも「山城」だった京都だけは都市計画がしっかりしている。

ところが東京は、田んぼの畔道が道路になったところが多く、カーナビなしでは外国人には道がわからない。これは日本が平和な国だったからで、嘆くにはあたらないが、日本人が戦略的に考えることが苦手なのも、対外的な戦争を近代まで経験しなかったことが大きな原因だろう。民主党政権の場当たり的な政策はその典型で、アドホックに「弱者救済」と称する部分最適を求める結果、全体最適からほど遠いシステムになり、全員が損をする(首相が最適化理論のPh.Dだとは皮肉なことだ)。

通信のユニバーサルサービスもその一例で、いまどき固定回線のユニバーサルサービスなんて、地方の人々も望んでいないだろう。これから通信ネットワークを設計し直すとすれば、グラハム・ベル以来の固定回線中心の構造を改め、無線通信を中心にしてネットワークを最適化すべきだ。今のNTTの固定回線は、県域規制などによってきわめて非効率な配置になっており、これをそのまま光化するなんて考えられない。

まず重要なのは、無線通信の帯域を最大化することで、周波数の抜本的な再配分が不可欠だ。その上で無線の基地局を増やし、固定網は基地局を結ぶバックボーンとして最適配置する。アクセス系もメインは無線で、光ファイバーはフェムトセルやWi-Fiモデムまでの中継系と位置づける。終端まで光が必要な業務用については、別途やればよい。

これは都市問題と共通している。1970年代以降の国土開発計画では「国土の均衡ある発展」の名のもとに、都市から地方への所得移転が行なわれ、都市の貧しいインフラ(渋滞する道路や通勤地獄)が放置される一方、使われない高速道路が地方にたくさん建設された。その結果、労働生産性の高い部門への労働移動が阻害され、成長率が下がった。もう「地方の時代」は卒業し、「都市の時代」に生き残ることを考えなければならない。

日本経済は、このままでは遠からず収縮局面に入るだろう。戦争でいえば退却戦で、全員がハッピーになることはできない。まず限られた資源をどう配分するかという全体最適を考え、優先順位をつけて重点配分するしかない。特に今後、中国との都市間競争が激化する中では、都市に資源を集中して知識集約産業を伸ばし、地方を切り捨てて人々が都市に移住する必要がある。沈んでゆく船で、全員を救おうとして水をかき出していると、全員がおぼれ死ぬ。守るべきなのは、船ではなく人である。