iPadの話題が盛り上がっているが、日本版のホームページを見ると奇妙なことに気づく。iPadの最大の売り物である電子書籍アプリケーションiBooksの説明がないのだ。「地域によっては一部の機能、アプリケーションをご利用いただけない場合があります」という断り書きがあるので、日本では3月に(Wi-Fi版が)発売されても、当分はiBooksは使えない可能性が高い。

ただイギリス版にもiBooksの記述はなく、今のところはアメリカ版しかないようなので、これはむしろコンテンツがそろう前にアメリカだけ端末の発売を急いだとも考えられる。しかしニューズウィークでも書いたように、出版社との交渉は難航しているので、日本ではiBooksは永遠に出ないかもしれない。そもそも中身の本がないのに、アプリケーションだけあっても意味がない。

iPhoneでも、電子書籍を読めるサードパーティのソフトウェアはすでにある。最近Readerboxという有料アプリケーションもできたが、如何せん読める本がない。このままでは、日本ではiPadは「大きめのiPhone」に過ぎない。どこかiBooksのクローンを開発する日本の会社はないだろうか。