クルーグマンが、今度は「いくら通貨を供給してもインフレにはならない」と断固として主張している。
So is there any reason to think that inflation is coming? Some economists have argued for moderate inflation as a deliberate policy, as a way to encourage lending and reduce private debt burdens. I'm sympathetic to these arguments and made a similar case for Japan in the 1990s. But the case for inflation never made headway with Japanese policy makers then, and there’s no sign it’s getting traction with U.S. policy makers now.
ここで彼は、自分が1998年の論文で主張したリフレ論を明確に否定している。現在のFRBの非伝統的な金融政策はリフレ政策ではなく、長期金利の上昇を抑える政策なのだ。君子過ちては改めるに憚ることなかれだが、ハシゴをはずされたどこかの国の自称経済学者は、今度はどう言い逃れするのだろうか。