"A Farewell to Alms"の訳本が出た。当ブログで紹介したのが、邦訳のきっかけだという。10万年という大きなスケールで歴史を数量的に分析するのはおもしろいが、やや結論を急ぎすぎているような気がする。