司馬史観のヒーローが伊藤博文だとすれば、悪漢は山県有朋だろう。憲法や議会制度をつくった伊藤に対して、軍や官僚を支配した山県は性格的にも陰気で猜疑心が強く、国民にも人気がなかった。しかし現在の日本の閉塞状況をを理解するためには福沢諭吉より北一輝のほうが重要であるように、伊藤より山県を理解するほうが重要だと思う。

山県を生み出したのは、明治憲法の欠陥である。立憲君主制によって天皇の実質的な権力は制限されたが、内閣は天皇を補佐するという建て前で弱い権限しかなかったため、国家を統括する機関が不在だった。この権力の空白を埋めたのが、「元老」としての山県だった。彼は軍を掌握し、首相を指名する非公式の権限によって、20年以上にわたって「キングメーカー」として君臨した。

陸軍の制度は当初はフランス式だったが、プロイセンの官僚制度を崇拝する山県がドイツ式の中央集権的な軍政に変えた。昇進の基準を厳格な年功序列とし、これが日本の人事制度のモデルになった。内務卿としては、府県・市町村などの地方制度をつくった。このときの山県の基本方針も、中央政府が地方を統制し、知事や郡長などもすべて官選とすることだった。また文官任用令を改正して政治任用を廃止し、高等文官試験によってキャリア官僚システムを創始した。

このように現在の日本の「国のかたち」の多くの部分は、山県がつくったのである。彼にとっての至上命令は、列強による侵略の脅威にさらされている日本が生き残るために軍備を増強することで、そのためには軍人や文官などの専門家に権力を集中する必要があった。このため腐敗した政治家が利益誘導によって官僚機構に干渉する議会を嫌悪し、議会からも軍閥の親玉として攻撃された。この議会と官僚が対立する構図は、現代の日本とよく似ている。渡辺喜美氏が「山県有朋以来の改革だ」と語った国家公務員法改正案も骨抜きにされ、官僚支配はむしろ強まっている。

本書は山県の伝記としては詳細で、伊藤との関係が従来いわれていたような対立だけではなく、むしろ表裏一体の関係にあったなど、新しい指摘もあるが、全体に山県の個人的な側面を強調し、彼のつくった国家制度についての検討がほとんどない。