a2d5834f.jpg

池尾和人・池田信夫『なぜ世界は不況に陥ったのか 集中講義・金融危機と経済学』(日経BP社、2/26刊)の第1講「アメリカ金融危機の深化と拡大」の一部をPodcastで紹介する(各10分):
  1. サブプライムローン問題
  2. 全面的な信用危機への拡大
  3. リーマン・ブラザーズの破綻以降
世の中にはパニックをあおる「大恐慌本」がたくさん出ているが、本書はそういう類書とは一線を画し、1960年代から歴史をさかのぼり、経済学の理論を使って現在の危機が発生したメカニズムを分析するものだ。基本的には、池尾さんの講義を私が聞く形で進められているが、現在の経済危機の本質は世界経済のマクロ的不均衡や産業構造なので、実体経済については私もコメントしている。