アメリカでも、誤った「経済学の常識」を吹聴する人がいる――しかも副大統領だ。Mankiw's blogで、財政支出に懐疑的な経済学者をあらためてリストアップしている:ただ財政政策すべてに反対という経済学者は少なく、投資減税が望ましいという意見が多い。これは短期の景気刺激策ではなく、生産性を引き上げる長期の政策である。日本でも、2兆円を定額給付金から投資減税に切り替える法案を民主党が提出すれば、もう少しレベルの高い政策論争が起こると思うのだが・・・