ここ数日、Google Chromeを試してみた。ベータ版はいろいろ問題があって使うのをやめたが、今度の正式版はほぼ問題点が解決されたので、既定のブラウザをChromeに変えた。Firefoxのライブ・ブックマークがインポートできないが、大した問題ではない。グーグル・ツールバーが使えないが、「ブックマークバー」にウェブサイトのアイコンを登録できるので、このほうが使いやすい。難点は印刷機能で、印刷のアイコンがなく、たとえばEconomistのような特殊なフォントは少しレイアウトが乱れる。

何よりすばらしいのは、サクサク動くことだ。ほとんどのサイトは瞬時に立ち上がる。Javascriptなどの動作も軽い。あいかわらずgooブログの編集画面は重いが、それもFirefoxに比べると格段に速い。これを使ってみると、今まで回線やサーバの応答時間だと思っていたのが、かなりの部分ブラウザの問題であることがわかる。FTTHにするよりChromeにしたほうが体感速度は上がる。

普通のブラウザでは、たまに一つのページにエラーがあると、OSまでフリーズしてマシンの電源を切らなければならないことがあるが、Chromeはタブの動作が独立なので、一つのタブが暴走してもそれを閉じればいい。また当然のことだが、グーグルの検索機能が使いやすく速い。URLの代わりに検索語を入れればいい。インターネットが「ホームページ」を超えてグローバルな並列計算機になる、クラウド・コンピューティングの世界を実感できる。