570951ee.jpgSupercapitalismの訳本が、来週出る。タイトルが悪趣味で、内容をなぞっただけのよけいな解説(勝間和代)がついているが、著者はオバマの政策顧問なので、民主党政権のアメリカを予測する上では必読書だ。

邦題からは、ありきたりな「市場原理主義批判」や「格差是正」などの(日本のような)古い民主党の政策を連想するが、内容は資本主義が20世紀型の工業社会を超えた「超資本主義」に変質を遂げ、よくも悪くも世界の政治を変えると予測するものだ。それが民主主義とは必ずしも一致しないことを著者は批判するが、それは従来型の「大きな政府」的パターナリズムとは違う。本当にこういう政策が実現されるとすれば、オバマはアメリカに本物の変化をもたらすことができよう。