The Big Pictureより:
  • Go Big: 自分の会社だけでなく、金融システム全体を危険にさらせ。世界130ヶ国に現地法人をもち、グローバルな金融市場を脅かすのが一番だ。

  • If you can't Go Big, Go First: リーマンの経営危機がベア・スターンズより早く表面化していたら、資産3500億ドルのベアではなく6400億ドルのリーマンが救われていただろう。

  • Threaten your counter-parties: 保険契約は別勘定なので、もしAIGが破産しても保護されるが、CDS(credit-default swap)は保護されない。CDSを4400億ドル(想定元本)も保有していたことが、AIGの救済された最大の原因だった(Rajanの3年前の予言どおり)。

  • Risk an important part of the economy: リーマンの取引相手は金融機関に限られていたが、AIGはクレジットカードから航空機リースまでさまざまな債権者を抱え、司法的な破産処理が困難だった。

  • Balance Sheets Matter: 「資産は健全で、問題は資金繰りだけだ」と強調せよ。日本のように中央銀行が5年以上もゼロ金利で「資金繰り支援」をしてくれれば、どんな腐った資産も健全になる。