小さなことだが、これは個人的な日記なので・・・

年度末になると、原稿料や印税などの支払調書が山のように来る。しかも連載の原稿も1回ごとに来るので、納税のときも面倒だが、調書を出すほうの事務コストや郵便料金もバカにならないだろう。支払の通知だけならEメールでもいいし、銀行口座を見ればわかるが、源泉徴収がからむので郵送しなければならないのだろう。

これは納税額の一部を前払いするという通知にすぎないので、情報は当然、税務署にも行くはずだ。税務署に源泉徴収のデータベースを設け、納税者がそれを見て納税額から差し引けば、こんな膨大な事務はいらないのではないか(税務署内には納税者番号があって名寄せができる)。「電子政府」も、もっとユーザーの目で考えてほしいものだ。