デジタルコンテンツがインターネット上を豊富に流通し、通信と放送の融合が進められる今こそ、著作権の扱いについて、根本に戻って考え直す必要があるだろう。

今回は、インターネットに関する法的課題について積極的に意見・提言を発せられている白田秀彰氏をお招きし、オンライン社会の秩序と法、とりわけ著作権のあり方について、そのお考えを伺うことにした。

スピーカー:白田秀彰(法政大学社会学部准教授)
モデレーター:山田肇(ICPF事務局長・東洋大学教授)

日時:8月30日(木)18:30~20:30
場所:東洋大学・白山校舎・5号館5202教室 
 東京都文京区白山5-28-20
 キャンパスマップ

入場料:2000円 ※ICPF会員は無料(会場で入会できます)
 申し込みはinfo@icpf.jpまで電子メールで氏名・所属を明記して
 先着順40名で締め切ります