秀丸エディタのVer.7βが出た(このページの最下段からダウンロードできる)。

昔は「松」を使っていたが、そのうちVzに変え、ウィンドウズになったころ秀丸に変えた。それ以来、他のエディタやワープロはほとんど使わない。古いマシンでもさくさく動き、マクロも含めてフルカスタマイズできる。これに慣れると、重くて余計な機能の多いMS-Wordは使う気にならない。特にVer.6でついたアウトライン機能は、Wordよりはるかに使いやすく、本や長い論文を書くには不可欠だ。

Ver.7の特長は、単語補完(オートコンプリート)機能。あまり実用的ではないが、遊べる。これだけ高機能のエディタが、4000円で無期限にバージョンアップできるのもすばらしい。最近ほとんどの仕事はブラウザですませるが、秀丸を使うときだけはウィンドウズに戻る。