Gooのオフィシャル・ブログだった小倉秀夫氏の「IT法のTop Front」が閉鎖された。原因は、大量の「コメントスクラム」だという。たしかに、最後の4/27の記事などは632件ものコメントがついており、そのほとんどは同じ絵文字のコピペだ。

また感情的なコメントで「炎上」した例としては、吉田望氏がみずから雑誌に発表した事件もある。社会的な話題になったのは、経産省の部長のブログがPSE問題についての大量の怒りのコメントで炎上した事件だ。切込隊長のブログには、毎日「山本一郎履歴詐称疑惑問題」というコピペが何百もついている。まぁ経歴詐称は事実だから、これは自業自得か。

しかし、こういう事件はブログ一般の問題ではなく、コメントやトラックバックのアクセス制限で、ある程度は回避できる。ただgooのブログは、Movable Typeのようにコメントの表示を保留するなどの細かいオプションがないため、アクセスを制限すると、gooIDのない人はコメントできなくなる。