「通信・放送のビッグバン」をめざして始まった通信・放送懇談会だが、早くも暗雲がたちこめている。IP放送については、知的財産戦略本部が著作権法改正の提言を出すことを正式に決めたので、今さら総務省の出る幕はないだろう。NTTについては、「IP化の進展に対応した競争ルールの在り方に関する懇談会」で、NTTとソフトバンクの社長が出てきて激論を戦わせるという状況で、有識者が提言する段階を過ぎている。

目玉として残るのはNHKの民営化だけだが、関係者によると、これも官邸から待ったがかかったという。政権末期で、あちこちから「抵抗勢力」が声を上げ始めたわけだ。BSハイビジョンと文字放送を民間に売却する代わりに受信料制度には手をつけない、というあたりが「落としどころ」らしい。

しかし多チャンネル化が進み、IPによってコンテンツとインフラが分離される時代に、テレビを持っている人はすべてNHKの番組を見るという前提で契約を義務づける制度があっていいのだろうか。この問題を解決しないと、ビッグバンどころか、またNHKの子会社の「肥大化」やインターネット配信規制などをめぐって民放連との縄張り争いが繰り返されるだけだろう。

あす開かれる情報通信政策フォーラムのシンポジウムには、通信・放送懇談会の松原座長も登場する。まだ空席があるので、改革のゆくえに関心のある方はどうぞ。