竹中平蔵総務相が、通信・放送分野の規制改革についての懇談会を設け、その結論を受けて来年6月にも「竹中プラン」を打ち出すそうだ。これまで、この分野は小泉首相の関心がないのをいいことに、業者と役所が談合して問題を先送りしてきたが、これでようやくITの世界でも「構造改革」が始まりそうだ。

竹中氏は「インターネットでテレビ放送をどうしてみることができないのか、NTTは無料のIP電話をなぜ提供できないのか、海外のCNNなどの放送を日本でほとんど見ることができないのはどうしてか」など、いろいろな問題に「聖域を設けない」といっているから、NHKの民営化やインターネットによる放送の再送信などについても議論されるだろう。