西村真悟代議士が、弁護士事務所の元職員に「非弁活動」をさせていた容疑で逮捕された。私は西村氏にまったく同情する気はないが、交通事故の示談は弁護士でなければできない仕事だろうか?

問題の元職員は、「示談のプロ」だったそうだから、これまでの示談の内容には問題がなかったのだろう。示談というのは、当事者が合意すればいいのだから、それを仲介するのに特別な資格がないとできないとは思えない。もちろん訴訟になったときは、弁護士が必要だろうが、法廷外の解決にはもっと門戸を広げたほうがいいのではないか。