経産省の官房企画室長が「裏金」を私的に流用してカネボウなどに投資していたという事件が表に出た。しかも、彼は2900万円引き継いだのに、後任には1500万円しか引き継がなかったというから、これは横領だろう。諭旨免職ですむとは思えない。

この中富という企画室長は、仕事の面でも問題が多かった。彼が官房とRIETIの連絡役だったのに、ほとんどその機能を果たさず、本省とRIETIの関係がギクシャクする原因になった。彼の上司だった北畑経産局長(当時の官房長)も「監督不行き届き」として戒告処分を受けたが、彼が知らなかったとは考えられない。官房企画室長というのは、官房長と一体で仕事をする要職で、「あのポジションは技官では無理だ」といわれていた。

官房長が産業再生機構にさからってカネボウの「自主再建」を画策する一方で、その部下がカネボウで利殖に励むとは、とんだコンビである。インサイダー取引の疑いもある。しかし結果的には、カネボウの株価が上がったのは、経産省の工作が失敗したためだから、「ケガの功名」というべきか。