NTTの光ファイバーには、世界でも他に例をみないきびしい開放義務が課せられている。このような過剰規制は設備投資のインセンティヴを低下させる・・・というのが教科書的な経済学による理解だが、実際にはNTTは「2010年までに3000万世帯」と意欲満々だ。

これはおかしい。何か政府と密約(たとえば何年後には開放義務をはずすとか)があるのではないか――と米国からNTTに調査に来たそうだ。たぶん答はYes & No。そのうち「空気」が変わってきたら規制をはずす、という「暗黙の契約」があるのだろう。

しかし私は、現在の規制はNTTよりも競争相手の設備投資インセンティヴをそいでいる(NTTのインフラを借りたほうが安い)点でよくないと思う。彼らがいつまでもNTTのインフラにぶら下がっていると、また光でもNTTが支配的事業者になり、電話時代と同じような「寄生的競争」になってしまう。開放義務は解除し、設備ベースで対等に競争するのが本筋だ。