欧州でも、著作権の期限を50年から延長しようという動きがあるようだ。官僚機構の「対米追従」という習性は、日本と変わらないらしい。

しかも、U2がこの動きを支援しているという。ボノは、ビル・ゲイツと共同でアフリカ支援を呼びかけたはずだ。そのアフリカの最大の問題であるAIDSを救済する障害になっているのが、欧米の製薬会社の主張する知的財産権である。特にブラジルなどで製造される(特許を侵害した)代用薬が問題になっている。

現在の世界の直面する最大の問題が地球温暖化ではなく感染症であるという認識は正しいが、それを解決するためにも知識をいかに共有するかという問題が問われているのだ。ボノが支援するなら、WHOや世界銀行などが検討しているAIDS治療薬の特許を買い上げる計画を支援するほうが似合っているのではないか。