国産牛肉の履歴表示が、今日から義務づけられる。BSEの患者が1人も出ていないのに、こんな厳重な「セキュリティ」規制を行う国は他にない。

Schneierの Beyond Fear によれば、リスク管理において単なる「セキュリティの最大化」を目的とするのは間違いである。コストを無限大にかければ、どんな厳重なセキュリティも可能だが、本質的なのはその効果と費用のトレードオフからどう選択するかという経済的な問題だ。

しかしリスクが誇張される一方、費用は(たとえば履歴表示のコストとして)全員が薄く広く負担するので過小評価される傾向が強い。こうした費用対効果の評価をゆがめる主犯が、メディア(特にテレビ)である。