エイベックスがCCCDから撤退する。「みんながやめたいと思っていた」そうだ。レコード輸入権のとき、消費者にきらわれたことも遠因らしい。

次に問題になるのは、この対談でも議論されているように、デジタル放送の「コピーワンス」だろう。これはDVDレコーダーの天敵である。ハードディスクに録画した時点で「ワンス」だから、DVDにコピーすることはできない。もとのファイルを消す「ムーブ」はできることになっているが、各社の仕様がバラバラで、買ってきてやってみないとわからない。しかも2011年に本当にアナログ放送を止めたら、世の中のDVDレコーダーは粗大ゴミになってしまう。

他方、アナログ放送は「非圧縮」なので、これをハードディスクに録画したMPEG2ファイルは、デジタル放送の映像と同じである。つまり、ハードディスクの留守番録画を再生するとき、すでに視聴者は「デジタル放送」を見ているのだ。こっちはコピーも編集も自由だから、わざわざ受像機を買い換える必要はない。アナログ放送は「デジタル映像加工の素材伝送」として残し、本当のデジタル放送はブロードバンドでやってはどうか。

先日、インテル本社の役員が「コピーワンスは、事実上copy neverだ。しかも外資を排除した国内独自規格で、非関税障壁だ」と怒っていたので、こういう状況を話して「デジタル放送はCCCDみたいに自滅するから、参入しないほうがいい」と説明したら「勉強になった」と喜んでいた。