私は1992年に「追跡・不良債権12兆円」というNHKスペシャル(「不良債権」というタイトルをつけた日本初の番組)を作ったが、そのとき取材した住専の問題と今度のダイエー騒ぎが、ほとんど同じパターンなのにはあきれる。

日住金の場合には、債務超過が1兆円を超えるという絶対に助からない状況だったにもかかわらず、1992年にメインバンク(三和銀行)が「実態倒産企業」と断定する秘密報告書を出してから、最終的に清算されるまで4年かかった。第1次の債権放棄から3年9ヶ月かかったダイエー問題は、何も進歩していない。問題が発覚してから、わかりきった答に至るまでが長いのだ。

問題を「理解」するのは、そうむずかしいことではない。しかし、自分が犠牲になることを「納得」するのは、それ以外のすべての選択肢を試してからでないと、できないものだ。第三者には不合理に見えるダイエーの高木社長の迷走も、「最大限努力したが、これしかない」と社員に納得させるための演技だったのかもしれない。

最後に監査法人という「葵の御紋」が出てくるパターンも、昔から同じだ。住専のときは、中坊公平氏という「黄門様」が登場して乱暴に幕を引くと、みんな納得してしまった。「水戸黄門は、なぜ最初から葵の御紋を出さないのか」という笑い話があるが、あれは最初から出してはだめなのだ。日本の社会では、事態がとことん紛糾して、だれかが御用になるしかないことを納得するコンセンサスが大事なのである。