慰安婦問題を「南京大虐殺」と混同するな

欧米メディアは、彼らの依拠していた朝日新聞の突然の敗北宣言に沈黙を守っているが、きょうNYTの田淵記者はこうツイートした。
続きを読む

「ハト派」が戦争を誘発する

慰安婦問題の経緯を振り返ると、韓国で元慰安婦を募集して「放火」したのが高木健一弁護士、それを大々的に報道して日韓関係に「延焼」させたのが朝日新聞、そしてこれを謝罪して日韓関係を「全焼」させたのが宮沢首相・河野官房長官だった。おまけにこの話が国連で取り上げられたとき「消火」を妨害したのが、村山内閣の河野外相だった疑いがある。
続きを読む

慰安婦を食い物にする高木健一弁護士

最近この問題に参入してきた人々は、小熊英二氏山口浩氏のように、これまでの複雑な経緯を知らないで「女性の人権」と混同するが、日本政府が女性の人権を無視したことはない。韓国政府が求めているのもそういう「普遍的な権利」ではなく、慰安婦への国家賠償なのだ。
続きを読む

世界に「性奴隷」を売り込んだ戸塚悦朗弁護士


朝日新聞の反論は「当社が誤報を続けた吉田清治の報道に実害はない」といいたいようだが、国際的には彼らの報道が性奴隷の根拠とされている。この言葉を発明したのは、戸塚悦朗弁護士である。上の世界日報とのインタビューで、彼は「私が性奴隷と命名した」と自慢している。
続きを読む

Economistのための慰安婦問題超入門

今まで何度も書いたが、日本語の読めないEconomist誌のような外人にはむずかしいかもしれないので、わかりやすく整理しよう。実は朝日新聞は、今回の検証記事で事実を9割以上、認めている。それをわかりにくくごまかしているだけだ。続きを読む

朝日新聞が否定したのは「強制連行」だ

私が有料で購読している雑誌はEconomistだけだが、最近の東京支局発の記事はおかしい。今週号の記事では、自民党内の新官房長官談話を求める動きに対して、こうコメントしている。
Doing so would plunge deeply troubled relations with China and South Korea to new depths. Asahi may have been wrong on the Jeju Island case, but Japan’s responsibility for forcing women into prostitution during the war is beyond doubt.
続きを読む

必要なのは需要の追加ではなく供給のゆがみの是正だ

ロイターのインタビューで、浜田宏一氏が「私はインフレが欲しいわけではない。2年で物価2%にこだわる必要はない」と言っている。「君子豹変」してリフレを放棄するのは結構なことだが、かつての「デフレを放置する白川総裁は犯罪的だ」とか「日銀がエルピーダをつぶした」という暴言の責任はどう取るのか。朝日新聞のような「いい逃げ」は許されない。
続きを読む

NYタイムズは「性奴隷」報道を謝罪せよ

朝日新聞の大誤報には、まったく同情論が出てこない。国際的には、朝日と同じぐらい責任の重いNYタイムズは沈黙を守っているが、彼らのやったことを明らかにしておこう。なんといっても大活躍したのは、ノリミツ・オオニシ記者だ。彼は2003年から09年まで東京支局長をつとめ、第1次安倍政権の河野談話見直しを激しく批判する記事をたくさん書いた。

たとえば2007年3月8日の1面トップの記事では「安倍首相による河野談話の否定が性奴隷を傷つける」と書いているが、これは誤報である。ここで名前のあがっている呉秀妹(Wu Hsiu-mei)は台湾人、ヤン・ルーフ・オヘルンはオランダ人で、河野談話の対象としている韓国人の慰安婦ではない。
続きを読む

慰安婦問題の「核心」は吉田証言ではない

集中砲火を浴びた朝日新聞が、やっと反論らしきものを出したが、その「慰安婦問題、核心は変わらず」という記事は、まったく核心をはずしている。この記事は「吉田清治氏の証言を報じた記事を取り消したことを受け、河野談話の根拠が揺らぐかのような指摘も出ている」という話から始まって、「河野談話は吉田証言に依拠していない」という結論で終わるが、そんなことは周知の事実で、今ごろ記事にするような話ではない。
続きを読む

朝日新聞が「慰安婦」と「強制連行」を混同した

細かいことだが、Huffington Postに出ている木村幹氏の記事に重大な事実誤認があるので、指摘しておく。彼と大沼保昭氏は、これまでも朝日新聞を擁護する立場から、慰安婦問題と「女性の人権」を混同してきた。

問題の1992年1月11日の記事について、木村氏は「それ自身が如何なる『過誤』をも含んでいない」というが、何をとぼけているのか。誤報サイト(クリックで拡大)が指摘するように、この記事につけられた「挺身隊の名で強制連行」という囲み記事こそが、問題の爆発した原因なのだ。木村氏は続きを読む




logo-kobetsu

メルマガ配信中
池田様HPバナー

logo-kobetsu
連絡先


記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Creative Commons