慰安婦は自発的な「契約」だったのか

ハーバード大学のマーク・ラムザイヤーの論文、"Contracting for sex in the Pacific War"が、世界中で物議をかもしている。例によって「慰安婦を売春婦というのはけしからん」という批判が多いが、慰安婦が売春婦だったことは歴史的事実である。それは金銭を支払う商行為であり、日本軍が戦場に連れて行ったという「強制連行」説を裏づける文書はない。

問題は、それがどういう商行為だったかということだ。ラムザイヤーはそれが自発的な契約だったと考え、その合理性をゲーム理論で説明しているが、その根拠があやしい。

続きはアゴラ

池尾和人 1953-2021

なぜ世界は不況に陥ったのか
池尾さんが死去した。他人事とは思えない。私と同じ年で、生まれも育ちも同じ京都。私がNHKにいたころ番組でお世話になってから、ずっと付き合いが続き、一緒に本も書いた。アゴラにも何度も原稿を書いてもらった。

不良債権問題のときは、彼は早期処理を主張する「過激派」だったが、政治は自民党政権、非自民連立政権、自社さ連立政権と混迷を続け、そんなリスクを取れる状況ではなかった。処理を先送りしているうちに、1997年末からハードランディングが始まった。

それがデフレの時代の始まりだった。初期には日銀が流動性を供給すれば解決するという楽観論もあったが、池尾さんは一貫してゼロ金利では金融政策はきかないという正統派の立場だった。それは不幸にして正しく、今も日本の金融政策はきかないまま、財政ファイナンスに移行している。

池尾さんは狭い意味での金融政策にできることはないと見切りをつけ、経済システム改革に関心を移した。明治以来続いてきた政府中心の「開発主義」システムを成熟した市場経済に変えることが彼の目標だったが、いま時代はそれとは逆方向に回転している。

続きはアゴラサロンで(初月無料)。

電波官僚と放送業者の共通の敵



総務省の4人の幹部が東北新社の菅正剛部長の接待を受けていた問題は、単なる首相の長男の会食問題ではない。東北新社メディアサービスの木田由紀夫社長と総務省情報流通行政局の秋本芳徳局長の会話は、週刊文春の明らかにした音声ファイルによると次のようになっている。

菅「今回の衛星の移動も……」
木田「どれが?」
菅「BS、BS。BSの。スター(チャンネル)がスロット(を)返して」
木田「あぁ、新規の話? それ言ったってしょうがないよ。通っちゃってるもん」
菅「うちがスロットを……」
木田「俺たちが悪いんじゃなくて小林(史明衆院議員)が悪いんだよ」
秋本「いやぁ、でも(小林氏は)どっかで一敗地に塗れないと、全然勘違いのままいっちゃいますよねぇ」

これだけでは文脈がわからないが、この会食が行われた昨年12月10日は、衛星放送のチャンネル割り当てが吉本興業など3社に決まり、昨年11月に放送のスロット(中継器の割り当て)が変更された直後である。スロットを減らされた東北新社が秋本局長に文句を言ったのに対して、彼が小林議員を「勘違い」としている点が注目される。彼が総務政務官だったとき、BSに新規参入を認めたことが不満らしい。

この発言が国会で追及され、秋本氏は「能力不足の私からすると、(小林氏は)仰ぎ見る存在で常に成果を上げ続けている。失敗したことがある者のことも身を寄せていただくとありがたいな、という気持ちは持っていた」と発言を認めた。

こんな行政と業者のベッタリの関係は、今どき珍しい。ここでは電波官僚と業者の意見が一致していて、彼らの共通の敵は小林氏のような改革派の政治家である。そしてこの会話では、小林氏を「一敗地に塗れ」させる相談が行われている。

続きはアゴラサロンで(初月無料)。

朝日新聞が偽造する福島第一原発事故の歴史


ネット上で、この記事が激しい批判を浴びている。朝日新聞福島総局の入社4年目の記者の記事だ。事故の当時は高校生で、新聞も読んでいなかったのだろう。幼稚な事実誤認が満載である。

続きはアゴラ

コンピュータの歴史を変えた日本人

反省記―― ビル・ゲイツとともに成功をつかんだ僕が、ビジネスの“地獄”で学んだこと
西和彦さんとは10年ぐらい付き合いがあり、いいところも悪いところも知っているが、ひとことでいうと「パッション」の人である。これはいい意味では「情熱的」で、一つのことに熱中して大事業をなしとげるが、悪い意味では「感情的」で、カッとなると前後を考えないで暴走する。

本書の最初に書かれているマイクロソフト初期のエピソードは有名である。IBMがOSを買いに来たとき、マイクロソフトにはOSがなかったので、ビル・ゲイツは断ろうとしたが、西さんは近所のメーカーからOSを買ってきて改造することを提案した。これがMS-DOSの誕生である。

本書には書いてないが、このときマイクロソフトがわずか2万5000ドルで買ったOSはディジタルリサーチのCP/Mの模造品で、今なら著作権法違反だった。マイクロソフトは大急ぎでそれを改造し、自社開発のOSとしてIBMにライセンスした。これがコンピュータの歴史を変えた決断だった。

このときマイクロソフトがMS-DOSをIBMに売却していたら、それはIBMのOSになったが、ビル・ゲイツはその著作権をもち、IBM以外のメーカーにもライセンスした。他のメーカーが同じようなマシンをつくってもIBMと競争できるはずがない、とIBMは考えたが、これがIBMを倒産の瀬戸際まで追い詰める大失敗となった。

続きはアゴラサロンで(初月無料)。

民主党政権の「原発事故責任」を総括するとき

東電福島原発事故 自己調査報告 深層証言&福島復興提言:2011+10まもなく3・11から10年になる。本書は当時、民主党政権の環境相として福島第一原発事故に対応した細野豪志氏の総括である。当時の政権の誤りを反省し、今も続くその悪影響を考えている。

あの事故が民主党政権で起こったのは、不幸なめぐり合わせだった。菅直人首相はヘリコプターで現地に乗り込んで事故処理を妨害し、政権は過剰避難を勧告して、現地には大混乱が起こった。そして細野氏が設定した1ミリシーベルトという環境基準が除染に莫大なコストをもたらし、今も被災者の帰宅を妨害し、福島の農産物や魚に風評被害を起こしている。

続きはアゴラ

「世間」からグローバル資本主義への遠い道

近代化と世間 私が見たヨーロッパと日本 (朝日文庫)
コロナは一過性の感染症ではなく、日本社会に意外に大きな変化をもたらすような気がする。特にリモートワークが一挙に広がったことは、これまで大部屋で1日中(アフター5も含めて)一緒に働いてきた日本人の生活を大きく変えるだろう。このような日本人の働き方は、農業社会から受け継いだものだ。

人類の圧倒的多数は農業で生活してきたので、小規模な共同体の中で一生暮らすのが当たり前だった。これを阿部謹也は世間と呼んだが、キリスト教化する前の古代ヨーロッパも、狭い世間の中で暮らす共同体だったという。フランス語でもsocieteの原義は「世間」という意味に近く、ドイツ語のLeuteの語源もそれに近い。

しかし中世に人々が村を超えて移動し、戦争するようになると古代的な共同体が解体され、国(領邦)を守るためにキリスト教で精神的に統合し、教会が個人を管理するシステムができた。その秩序を守り、ヨーロッパを教会法で統合したのがローマ・カトリック教会だった。

ここでは個人は地域や家族から切り離され、神の前で絶対的に孤独な存在となり、救済されるかどうかは「自己責任」となる。個人主義はこのような特殊ヨーロッパ的な思想であり、自然な感情になじむものではなかったが、「強い個人」が結ぶ契約と非人格的な法秩序は、文化を超えてすべての社会に通じる普遍的モデルになった。

アメリカはそれが純粋培養された契約社会であり、そこで生まれたインターネットは、アメリカ社会の鏡像である。それはローカルな文化から切り離された個人がコントロールするネットワークであり、日本人のなじんできた親密な世間とは異なる世界である。日本人がそれに適応できるかどうかが、デジタル・トランスフォーメーションの本質的な課題だろう。

続きはアゴラサロンで(初月無料)。

緊急事態宣言はいつまで続けるの?

東京都など10都府県に出ている緊急事態宣言は3月7日まで延長されましたが、2月15日の東京の感染者数は266人とピークの1割に減りました。西村コロナ担当相は「緊張感がとぎれる」と解除しない方針です。感染はとっくに峠を越えたのに、いつまで続けるんでしょうか。



続きはアゴラ

森喜朗という「家長」の追放



私は森喜朗氏を政治家としてまったく評価しないが、今回の追放劇はあまりにも理不尽だった。元の発言は「女性枠」に対する皮肉で、女性蔑視でも差別でもなく、彼の進退にかかわるような話ではなかった。

森氏についての論評で印象的なのは、彼の身近にいた人ほど評価が高いことだ。首相としての実績はゼロだったが、自民党内のまとめ役としては、派閥を超えて人望があったらしい。親分肌で義理人情に厚く、オリンピック組織委員会の会長も無報酬で引き受け、癌の手術後、透析を受けながらやっていた。よくも悪くも、昔ながらの自民党の政治家なのだと思う。

自民党は近代的な政党とは違い、個人後援会の集合体だ。後援会は江戸時代から続く「家」システムの延長上にある利益集団である。政治家の地元で同行取材すると驚くのは、冠婚葬祭の類が多いことだ。かなり大物の政治家でも、数十人規模の葬儀や結婚式にまめに顔を出す。忘年会や新年会などは、1日に20を超すこともある。

派閥が家だとすると、派閥はその集まった村である。自民党の議員は、昔は派閥のことをムラといっていた。自民党は村の連合体で、森氏はそれをまとめる「家長」だった。それを海外メディアは「古い日本」の代表として嘲笑したが、こういう構造は日本だけのものではない。腐敗したIOCなどは、村の最たるものだ。

続きはアゴラサロンで(初月無料)。

森鴎外はなぜ麦飯を否定したのか

病気の日本近代史 ~幕末からコロナ禍まで~(小学館新書)
コロナをめぐる日本の論争をみると、医学界の権威主義の根強さを感じる。物理学のように明快な理論と実証データがない医学では、グレーな問題は学界の権威で決めざるをえない面があるのだろうが、それに加えて日本の医学界では学閥や役所の権威主義が強い。

その弊害を示す歴史的な事例が、森林太郎(鴎外)が脚気を感染症と誤認した問題である。日露戦争では白米を主食とした陸軍の戦傷病死3万7000人のうち、2万8000人が脚気によるものと推定されている。戦死者の3倍が脚気で死亡する惨憺たる状況だった。

それに対してパンを主食とした海軍では、脚気は皆無だった。海軍省医務局長の高木兼寛はイギリス海軍にならってパン食を採用し、遠洋航海で多発していた脚気を絶滅した。その因果関係は当時はまだわからなかったが、イギリス的経験主義で実利的な解決策をとったのだ。

ところが陸軍省医務局長の石黒忠悳は兵士に毎日白米6合を支給する方針に固執し、その理論武装のために森をドイツに派遣した。彼は白米の優越を主張する論文を医学雑誌に250本も発表し、栄養やコストなど、あらゆる面で米食がすぐれていると主張した。脚気の原因は不明だが、そのうち「脚気菌」が発見されるだろうと予想していた。

この論理には無理があったが、彼のバックには(石黒の後ろ盾だった)山県有朋の政治力があった。脚気論争では海軍と明治天皇は麦飯派だったが、陸軍と内務省衛生局(今の厚労省)と東大医学部は白米派だった。森は山県の側近として白米至上主義の論陣を張り、医務局長に出世した。

続きはアゴラサロンで(初月無料)。








記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Creative Commons
  • ライブドアブログ